Perfect-insect-GOKIBURI+Reptiles+Smallanimals+Others
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -------- (--) --:-- ]  
   Category:スポンサー広告
insculpta

スッポンモドキ
Carettochelys insculpta

ミシシッピニオイガメ
Sternotherus odoratus

最近ね、スーパーで小っちゃい冷凍川エビなる物が売ってまして、もう見た瞬間に「コレ熱帯魚屋に売ってるヤツじゃん!」と直感する程、まさしくそれなんですよ。

いやぁ、普通のスーパーでこんなモロ餌用と思われる川エビに会うなんてとびっくりしたんですが、たぶんかきあげとかそう言うのに使う奴かと思って納得したわけですな。

それを見た瞬間に「やべぇコレ使いてぇ」と思いましてですね、うちのカメちゃん達に丁度いいサイズだし生餌食わすとデカくなるって言うしと思ってとりあえず一袋買って来たんですよ。

でね、開けようとしたら袋が二重になっていて、何だこれと思いつつも、解凍せにゃなりませんから、とりあえず一枚目の袋を切って二枚目の袋握った途端ですよ。
そしたら、まー。川エビの頭のトゲが手に刺さるわ刺さるわ。手が一瞬で血みどろになりまして、買ってきたことをガチで後悔しました。
そして真っ先に脳裏によぎるのは『おい、コレかきあげにしたら人死ぬだろ』と。

しかも、うちにはカメが4匹いるんですが、1匹はヤマガメで、もう一匹は紹介はしておりませんが結構デカいカメでして、そんな小さなエビを食らうような感じではないんですな。
となると、必然的にミシシッピニオイかスッポンモドキになる訳ですが、こんな明らかに喉に刺さりそうな代物をスッポンモドキに食わせるのはどうかと言う事で、結果ニオイ一択ですよ。

ニオイVSどんぶり一杯分のエビ。もう2か月分以上ありますな。マジでどうすんだよコレ……。
しかも水は人工飼料の5倍汚れます。
写真でミシシッピニオイの方の水が白んでいるのはそう言う訳なんですな。

そんな今回の教訓。
生餌なんてブルジョアな考えは捨てろ。そして、川エビは二度と買わね。
スポンサーサイト
[ 2013-09-10 (Tue) 19:42 ]   Comment(2)
Theme:爬虫類ペット   Category:Carettochelys insculpta
insculpta

みんな大好きスッポンモドキです。
きゃわいいよね。
てか、こいつ、なんかニューギニアとオーストラリアので2亜種いるんすね。ビビった。
こんなもん基亜種しかいないと思った。
ウチのはどうせ、ニューギニアのだろうと言う事で基亜種扱いにしておきます。
間違えてたらごめんね。

なんか萌えアニメにも登場する程、市民権を得たらしいです。見てないんだけど。
でもなんでよりによってこいつかなと思うのは、私だけじゃないはず。

というのも、このカメに対しては言いたい事があって、
某知恵袋とかに「スッポンモドキ飼いたいんですけど~」的な質問してくる奴がいて、それに対して「飼えません」とか「無理です」とか返す輩がマジで気にくわないんすよねー。
もう、しまいには「貴方スッポンモドキなんか飼ってどうするつもりですか、馬鹿なんですか」的なこと言う奴まで現れて、いやーブチギレですよ。
だいたいそう言うこと言う奴に限って、飼った事無くて、ネットの情報だけにおどらされてる奴でろくな輩ではないとおもいますねー。

いやね、別に飼いたい奴の意見を肯定しろと言う話でも無くて、相談した飼育者はもっとちゃんと悩むべきで、適当なアドバイス受けて、「ああ駄目なんだ」で終わらせてほしくないし、「ダメだって言われたけどいいや、飼っちゃえ」も全然良くないわけで。

言いたいのは、こういう生き物は、飼える人だけ買うべきという意見には至極賛成なんですけどね。
ただ、説明不足にも程があるってことで、どっかの指南書をコピぺしたような文で本当に伝わるかという話ですよ。
アドバイスする人はもっと、具体的なちゃんとしたイメージを伝えるべきで、たとえば甲長が最大50cm超える可能性があるんだとすれば、
まず、そこら辺の段ボールくりぬいて50センチのカメがどんだけデカいかを自分で確認させた方がいいんすよね。
それに手足と頭がついて、しかも、それがめっちゃ泳ぐんだぞ? 大丈夫か? と言った聞き方をするのが私は正しいと思います。
それを見て、飼育者は考えるべきだと思うわけで、果たしてこれは自分の手に負えるのか? スペースはどうする? 餌は? 水槽の重量もかなりだぞ?
とかいう、どーする、あーするを頭の中で組み立てて、結果「やっぱ無理だ」となってもそれは悪い事ではないし、
逆に「いけるわ頑張るわ」となっても、それは本当にどうしても飼いたいんだと言う意志がそこにあるので、ちゃんとした覚悟が生まれる訳ですよ。
だから覚悟を持って飼うって、自分自身で現実を見てしっかりイメージする事だと思うんですよね。

すなわち、質問してきた人自信が自分で考えた結果まで導く手伝いをするのがアドバイスだと思うので、はなから答える側が無理とか言ってるのはまるで意味が解りません。という話でした。

イメージの話で言うと、やっぱイベントや、専門店での参考個体はすごく意味があると思うんですよ。
大蛇もそうですけど、オオトカゲだって、デカい個体の実物を見て、「こうなるのか」と思って飼うか、図鑑を見て、「4mかぁ、まあイケんじゃね?」と思って飼うかはだいぶ違いますからねー。
ま、この話はこんなもんで。

あーでも、そんな事どうでも良くなるぐらい可愛いよねー。
きっとこの可愛さが罪なんですよこいつは。
[ 2013-06-06 (Thu) 14:58 ]   Comment(0)
Theme:爬虫類ペット   Category:Carettochelys insculpta
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。