Perfect-insect-GOKIBURI+Reptiles+Smallanimals+Others
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -------- (--) --:-- ]  
   Category:スポンサー広告
imperator(Motley)

コモンボア モトレー
imperator(Motley)

ここ数週間、特定動物について多くのブロガーの方が様々思いの丈を語られておりましたが、ウチはあえて具体的な事は何も書かない事にしようと思いました。

各ブロガー様はしっかりとした経験と知識の両方から意見を述べられています。
様々は方向から多目的にとらえた大変すばらしい意見の数々に頭が上がりません。
それを見たうえで私もいろいろ考え、何かこの場で伝えようかと思いましたが、私のような稚拙な輩には荷が重すぎたみたいです。
なので、詳しい話は致しません。

まあ、もし、一言許されるのであれば。
『好きなものは好きなんです。ごめんなさい』と言う所でしょうか。
結局は何かぐだぐだ言ったところで、飼育者はそう言うしかないんだと常に思っております。

嫌いな人はごめんなさいね。あなたには理解できないでしょうが、私はこう言ったものが好きで好きでたまらないんです。愛してるんです。と。

だから、噛みつかれたり、ひっかかれたり、多少痛い目を見ようが、日々の世話が疲れようが、文句は垂れても弱音は吐きません。
そして、当然、世間様にも迷惑はかけません。ましてや事件など起こしません。それは誓います。と。

これはよく言われる、『覚悟』と言う代物ではございません。そんな大それたものではなく、生き物を飼育する時の当たり前の感情というものだと思うのです。

この話においては特別、爬虫類に限った事では無いと思います。犬でも猫でも、魚でも虫でも同じだと思います。
どんな生き物でも、どんなモノでも、好きな人がいれば、嫌いな人は必ずいる訳ですからね。
同じく、理解する人がいれば、理解できない人もいるわけです。

それが、比率としてどちらが多いか、どちらが少ないかと言うだけで、根本は全て同じだと思うのです。
だからこの趣味のような、一般として理解しがたい趣味趣向を持ってしまった人は、肩身が狭い思いをして当然なんです。
酷く言えば好きになった時点で、世間一般からしたら罪人なのかもわかりません。

でも、飼育者はそれに耐えなければならないのです。
仕方ないのよ。だって好きなんだもん。

その気持ちを胸に、辛くとも、切なくとも、水をあげます。餌をやります。日々世話をします。

生き物が好きで、飼育できるおかげで、私はいつも幸せなんですから。
そうやって、今日も動物が飼育できる喜びを噛みしめておりますよ。
スポンサーサイト
[ 2013-09-05 (Thu) 20:09 ]   Comment(2)
Theme:爬虫類ペット   Category:Boa constrictor
amarari

そろそろボアコン飼育も二年目突入ですよぅ。

つってもアマラリ様は思いのほか成長しませんねぇ。
とあるファンキーなザ・ミッシェルガンエレファント的スネークショップから購入したのですが、そこの人曰く、やっぱり飼育下の運動しない状態で餌ドカ食いさせると、すぐに脂肪がたまってかなり早死にする確率が上がるとか。
今130㎝前後位だと思うんすけど、飼育当初が70㎝程だったから一年で二倍いかない位っすね。
なるべく広くと言う事で今スナグルの90×60に入れてますが、
ん~、こんなもんなんすかね?

ワニガメ研究所の荻野さんの所のスノーは滅茶苦茶な成長スピードだったみたいだけど、そうは上手くいかないのね。
アマラリ自体がそんな長さの出る蛇じゃないからとかいうオチっすか?


まあ、気長にマッチョになるのを待ちますか。
[ 2012-06-28 (Thu) 17:48 ]   Comment(2)
   Category:Boa constrictor
imperator(Motley)

インぺとSONYのタブレット。

私、携帯もふつーのだし、タブレットPC的なものって全然持ってなくて、すごい憧れてたんだよね。
ipadにしようかとも思ったんだけど、「日本人ならSONYだろ!」ってソフマップのメガネの人に言われたんでSONYにしましたw
パソコンもVAIOだしね。

なんかipadだとフラッシュの入ったHPは見れないし、Officeつかえないし、USBないし、外付けハードつかえないしと細かい所で使いづらいらしいね。

よし、ソニタブ使いこなして一段上にのデキル男になったろ。
[ 2011-11-09 (Wed) 02:19 ]   Comment(0)
   Category:Boa constrictor
amarari

自分がいくらダメな人間とわかっていようとも、治せないことというのは多々あるものだ。
がんがんと脈打つ二日酔いの片頭痛に顔をゆがめる私は、ぐつぐつと煮えたぎる鍋に顔を映しながらそんなことに思考を漂わせた。

金円を払い、酒を飲み、時間を捨て、バカ騒ぎした挙句に次の日の講義を逃すとはいかがなものか。
分かってはいる。分かってはいるが、解ってはいないのかもしれない。

戦いはいつも一人なのだ。自分の選択でしか自分は動いていない。
選択するというのは難しいものだ。自分の心に反する選択すら余儀なくされる。
しかし、今の私にできることは、明日の自分が有意義であったと思えるように、今を考え悩むしか答えはないのだろう。

そして私はまた一人と無機質な箱に向かい、頭を掻き毟る。
さてさて、夜は短い。又の日はすぐそこで私の影を踏む。
今日も私は小説という書き物と対峙し、まだ見ぬ将来の自分への糧とする。

あと30頁。いちも早く書き終えなければ。
[ 2011-10-12 (Wed) 01:37 ]   Comment(0)
   Category:Boa constrictor
imperator(Motley)

なんともまぁ、マウスが足りない。
いつもお願いしているマウスの卸業者さんが厳しいらしいので、サムレプかなと思ったらこっちもダメ。

店舗ショップの価格で買うのはなんとなく癪に障るので、意地でも通販にしたろと思い、行き着くところは月夜野ファームですよ。

なんだかんだ言って月夜野さんって1回しか利用したことないんですよね。

で、見てたらなんか”黒毛マウス”的なものが売っていましてね。
これはもう、黒毛和牛だの、黒毛和豚だのの流れをくむ、すばらしいものだろうと思いポチりました。

ちょっと届くのが楽しみ。

てか、なんか常にマウス買ってる気がするなと思い、思い切って蛇の数を数えてみたらなんと100匹弱。

そりゃマウスの消費もやばいわけだわ。
[ 2011-10-04 (Tue) 03:50 ]   Comment(6)
   Category:Boa constrictor
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。