Perfect-insect-GOKIBURI+Reptiles+Smallanimals+Others
カーステン

カーステンオビトカゲ
Zonosaurus karsteni

ふと思うわけですよ。
すばらしいトカゲとは一体何を指すのか。

オオトカゲの仲間がお好きな人もいるでしょう。 フトアゴも可愛いですね。 おっカナヘビですか?お目が高い。

まあ、トカゲといえど本当にいろいろと種類も値段もピンからキリまである訳ですが、
わたし的にはこいつらを語らずにすばらしいトカゲ論争はできないと思う訳でございますよ。

何がいいってね、いわゆるオニプレやゾノザウルスの仲間であるプレートトカゲ科の奴らと言うは、
ステータスを全て「丈夫さ」に割り振ったような屈強なヤツでして。

まあ本当に丈夫。

実は飼育してからもう一年以上経ちますが、私はこいつらに水をあげた事がありません。
コンテナに広葉樹マットを敷き、暑くなりすぎない日の当たる窓際に置いて、そんでときどきワームを入れるだけ。

なんと言う事でしょう、こんな簡単に外産トカゲが楽しめるなんて!!

「丈夫」と言うのはこの趣味の世界において重要なキーワードになると思っている訳で、
こんなすばらしいトカゲを愛さずにはいられない訳です。

それに見てくださいこのフォルム。
今にもマダガスカルの広大な大地を全力で駆け回りそうでなんともカッコいいじゃあーりませんか。

こう言う種類をね大切に出来ないといけないと思う訳ですよ。私は。
安いからとか、飼っていてつまらないからとかそう言う事じゃあないんだよ。
ミーハー三代要素とも言える、圧倒的な「飼いやすさ」、「安心感」、「エキゾチック感」が大切だと思う訳ですよ!!

いやだから。潜りっぱなしとか、持つと意外と噛むとか、尻尾が切れやすい。とか、そこは今論点じゃないから!うん!

今はコンテナ飼いでいますが、ちゃんとイカしたレイアウトケージでしっかり飼育する記事を書きたいね。
では、また来週。
[ 2018-07-13 (Fri) 20:03 ]  
   Category:トカゲ
猿

Callithrix jacchus

昨日の飲み会でふとブログの話になりまして、
ブログをですね。いきなりなんの前触れもなく再開しようかなと思っています。

今この記事もね、二日酔いで頭が痛い中書いとるわけですが、
最後に更新したのが2014年なんすね。ヤバ。もう4年も前かぁ。

4年間いろいろありましたが、まあそんなことはいいんですよ。
ただね、もういい歳になりましたから

やたらカテゴリーをわけて学名で書くのはホントにやめましょうね!!

ホントにイキリすぎ!!見ていて恥ずかしい!!!

と言う訳でね、手始めにブログの整理をして行きますよ。カテゴリの再構築といらん記事も削除しましょうね。

あと、これはなんか特に理由もないんですが、コメント機能はオフります。
昔頻繁に頑張って更新していた頃は「コメント来てるかなー」って楽しみでもあったんですが、。
今回からはもう、超自己満足ブログとして華麗に転身ですわ。うむ。そ言うことで。
[ 2018-07-13 (Fri) 07:52 ]  
   Category:
DSC_0755.jpg

メンフクロウ
Tyto alba

怖ろしい顔ととるか、愛らしい顔ととるかは人によるところでございます。
現に我々爬虫類飼いというのは、一般大衆から遠く離れた感性で動植物を観察していると思うのです。
蛇だトカゲだ、クモだムカデだ。と。
多くの人から見れば、恐ろしい形相の生き物と共に過ごしている訳ですからな。

そういったものから魅力を感じ取るのは我々の得意とするところであり、誇れるところだと思っているわけで、
何物も興味を持ち飼育意欲が湧き、飼育し観察すれば魅力はみるみるうちに高まるものではないかと思います。

だからこそ私は、生きている間にいろんなものを傍に置きたいと思うのです。
[ 2014-10-29 (Wed) 16:24 ]  
   Category:猛禽類
DSC_0736.jpg
テキサスインディゴ
Drymarchon melanurus erebennus

ツイッターですよ。ツイッター。
思い出したように言いますが、ツイッターはすごいものです。

私は社交的な方ではありませんし、飼育者の知り合いも古くからの友人が多いので、あまりそれ以外の飼育者を見る機会がなかったのですが、まあ、こんなにもいろんな人が居るのねと勉強になりました。

しかし、ツイッターで単発に情報が流れていくのを見ると、すげぇ時代だなと思いますね。
自分の発信した情報が相手(フォロワー)にダイレクトに届いてる訳ですからね。
ブログみたいにいつ更新されるのか解らないから巡回しなきゃいけないような代物とは違うもの。
そして、その情報に対して瞬時に反応して会話できたりできると言うのは情報ツールとしても、コミュニケーションツールとしてもすごい完成度ですな。

[ 2014-10-28 (Tue) 15:07 ]  
   Category:ナミヘビ
Morelia viridis

グリーンパイソン(アルー)
Morelia viridis

お久しぶりにございます。
約一年ぶりですよ。
まあ、毎度のことながら私はちゃらんぽらんな性格なもので、なかなか順調に更新できる人物ではないのです。
誠に持ってかたじけない。拙者まるでだらしがない。
という。

ん~、しかし、久しぶりといってもこれと言って話題が無いのは困ったもんですな。
一年もあったのにね。
まあ、何か探しときますわ。(投げ

[ 2014-10-27 (Mon) 12:43 ]  
   Category:パイソン
Bufo terrestris

ナンブヒキガエル
Bufo terrestris

ふざけた奴らだと思う訳ですよ。

散々と食います。

そのくせ普段はまるで石の様に固まってる訳ですな。とんでもない。
[ 2013-11-28 (Thu) 19:12 ]  
Theme:爬虫類ペット   Category:カエル
nasicus

セイブシシバナへビ
Heterodon nasicus nasicus

とんぶり行ってきましたよ。
浅草。ウチから浅草ってビミョーに行き辛いのよね。
ま、そんな事は良いとして。

結論から言うと、今回爬虫類は何も買いませんでした。
うん。爬虫類はねw
まあ、しっかり金は落としましたよええw
何を買ったかはダークサイドの方でw
更新しよー。

アイセントラウトカナリアカナヘビがめっちゃ気になったけど、まーパスで。
衝動買いしても良くなさそうですし、出来ればペアでほしいしね。

あとはまあ、いろいろ安かったですな。まあ何がどう安かったのかは毎度ながら他のブログ様にてご覧くださいw

結果今年はぶりくら市もとんぶり市も両方行きましたが、どちらも規模がデカくなってて驚かされるばかりですねー。来年はもっとブース数が増える気がします。

[ 2013-11-07 (Thu) 13:17 ]  
Theme:爬虫類ペット   Category:ナミヘビ
angustatus

ハラガケガメ
Claudius angustatus

今更感の強いカメではありますが。良いカメである事には変わらないと思うのです。
ぶりくらで購入いたしました、少甲板のハラガケ様です。

こういったものは所謂B品扱いになるんでしょうが、私はこの綺麗に整った少甲板というのが気に入りましてですね。
大柄な感じで見た目も非常にお気に入りです。

こういう物は一期一会。欲しくても手に入りませんからな。

果たして成体の姿は普通の個体とどのくらい差が出るんでしょうかね。
成長が楽しみだーーーー。
[ 2013-10-29 (Tue) 22:25 ]  
Theme:爬虫類ペット   Category:ミズガメ
Heterodon platirhinos

トウブシシバナヘビ
Heterodon platirhinos

なんだかんだ、こいつを紹介してなかった件。
エキスポ便です。

私はね、この蛇が大好きなんですよ。たまらないわけですこのフードが。
そして、この模様が私の理性を犯していくわけですな。
んーすばらすぃ。

ちなみにトウブ様はわれらがヘテロドンの中で一番飼育難易度が高いとされております。
入手難易度で言えばナンブ様でしょうが、飼育難易度となるとトウブ様の独壇場のようですな。
やはりトウブ様のカエル食い一直線ぷりは誰しもが苦戦するということでしょうか。

飼う人を選ぶヘビといっても過言ではありませんな。
うん。私は選ばれしものだから大丈夫。

色は、まっ黒とか赤とかいろいろいますが、なんか知らないけどうちのは黄色いですね。
これほど黄色の鮮やかな個体は初めて見ました。まあ、大きくなるとどうなるかわかりませんが。

しかし、個体ごとにこれだけ色の違いがハッキリ出ると、面白いものですよ。
これで飼いやすい蛇だったらそれはそれは人気が出そうなものなのにね。
ぜひ普及して欲しい蛇ですな。

[ 2013-10-24 (Thu) 02:13 ]  
Theme:爬虫類ペット   Category:ナミヘビ
yonaguniensis

ヨナグニシュウダ
Elaphe carinata yonaguniensis

えー、一週間経過しましたが、
『変態だらけのぶりくらツアー~運転手はなぜかいつもうんこがしたくなる~2013秋』に行ってまいりました!

初神戸。初サンボーホール。8年ぶりのぶりくら。
来れると言っていた人が来れないとか、メンバー一人のバイトの時間が迫って、てんてこまいとか。
さまざまなアクシデントをかいくぐり、それでも強行したぶりくらツアー。
私といえば仕事の休みをとって、結果3泊4日の京都大阪神戸観光旅行と化した今回のぶりくらツアー。

うん、楽しかった!もう、最高だよね!

ある事情から拠点が京都だったのでほとんど京都にいて、神戸にいたのは半日くらいだったけれども、
私的に一番のメインイベント(ぶりくらよりもこっちメイン)と言っても過言ではない新長田駅の鉄人28号を生で見れたのでもう、私は感無量です。

ぶりくら的な感想としましては、まあ、8年前に比べたらデカくなったよね。すげーよ。今年は2000人入ったとか。
今回は狙いも無かったし、私のハートをキャッチするような生物もあまり見受けられなかったので、それ以外特筆すべき事もあまりないのですが、強いて言えばボールのモルフが安かったです。
驚かされる価格でしたよ。ホント。
繁殖に興味無くても、この値段なら手を出しちゃおうかしらと思える価格でした。
あとは何気にタランチュラが熱かったと思いますけどねぇ、ぶりくらじゃウケないんでしょうか。むむむ。

で、そんな様子の会場写真は毎度ながらとっておりません。
俺の私の顔が写ってるとか、ブース撮るなとか、値段写すなとか、どうのこうのの問題があるのでね。
いちいちモザイクかけるのもめどいですからね。会場の様子は他の方々のブログでご覧いただけます。(逃げw)

本当に行きたいとこ行けたし、見たいもの見れたし、今回の旅行は大満足でしたな。
撮って来た写真を見れば見る程また行きたいです。
(※大阪のとある場所は本当に破壊力絶大だった。。。)

基礎メンバー、ぼんぼん。氏。Kこ氏。モリヤーティ氏。大変お世話になりました!
ぶりくら会場でお会いした方々、お話しできてうれしかったです!

そして京都滞在中にはぼんぼん。氏の家族の皆様にもお世話になり、ぼんぼん。氏には最終日の京都観光まで付き合ってもらって、ホント感謝感謝です。
何か恩返しをできればなと思っております。とりあえず、よろこびそうな萌えグッズでも送るよ。代引きで。

ぼん。氏の事は忘れない。いつまでも。
だから必死でコーキングした水槽が水もれして布団がびしょぬれても、オシャレなポットで飼ってたベタが干上がっても君の事は忘れないよ。

うん。

結論、関西はマジで楽しかった!

詐欺だけど!  

うそうそ、詐欺じゃないよ♥
[ 2013-10-21 (Mon) 12:14 ]  
Theme:爬虫類ペット   Category:ナミヘビ